相続税がかかるか分からない方へ

当相談室にお越しいただく方から「私は相続税が発生するかしないか分からないことが不安」というご不安として良く耳にします。

以下では相続税の計算方法についてご説明します。是非ご自身に当てはめて計算し、最初の不安を解消してください。

計算したが疑問が残った、詳しく相談したいという方は、是非初回無料相談をご利用ください。

目次

まずは、ご自身で計算してみましょう

相続税の計算方法

詳しくはこちら▷

知っているとお得な制度

相続税の減額方法

詳しくはこちら▷

相続の手続きを
ご自身で行いたい方へ

詳しくはこちら▷

税務署へ
相談に行きたい方へ

詳しくはこちら▷

 

 

相続税の計算方法

「相続税=遺産総額×相続税率」
②「遺産総額=プラスの資産①-(非課税資産②+マイナスの資産③+葬儀費用④)」

では、それぞれの項目について見てみましょう。

(1) 遺産総額

遺産総額とは、遺産として受け取る全ての資産を指します。以下の計算式にて計算することができます。

「遺産総額=プラスの財産①-(非課税資産②+マイナスの資産③+葬儀費用④)」

では、項目を順番に見て行きましょう。

1 プラスの資産

プラスの資産とは、現金、不動産、株式、生命保険などの価値のある資産のことを言います。
例えば、土地の資産価値であれば、路線価等を用いて算出することができます。

2 非課税資産

非課税資産とは、言葉の通り相続しても課税されない資産のこと言います。大きく以下のような資産が挙げられます。

墓地、仏壇など日常礼拝をしているもの

宗教などで公益な目的とする事業に使われたもの

生命保険金、死亡退職金のうち、それぞれ「500万円×法定相続人」までの金額

など。非課税資産について詳しくは、国税庁の「相続税がかからない財産」をご参照ください。

3 マイナスの資産

マイナスの資産とは、借入金や未払金などの負債資産のことを言います。
例えば、融資により購入した不動産を相続した場合、その借入金がマイナスの資産になります。

4 葬儀費用など控除できる債務

葬儀費用などの債務は、相続税を計算する時は遺産総額から差し引くことができます。
なお、控除できる債務について詳しくは、国税庁の「相続財産から控除できる債務」をご参照ください。

(2) 基礎控除額

1 そもそも基礎控除額とは

そもそも基礎控除とはなんでしょう。相続税は相続した財産が一定額を超えた場合に初めて発生します。基礎控除額はその一定額のことを言います。 

2 基礎控除額の計算方法

基礎控除額は以下の計算式にて計算することができます。

「基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数」

例えば、相続人数が2人の場合、基礎控除額は「4,200万円」になります。 

(3) 相続税率

相続税の課税額に応じて、税率が変わります。

相続税の税率については、詳しく国税庁の「相続税の税率」をご参照ください。

更に詳しく専門家に相談をしたい、、、、

当事務所は初回相談を無料で承っております。是非お気軽にご相談ください。
相続の専門家がご対応させていただきます。

詳しくはこちらからご確認ください。

 

 

相続税が発生しそうな方、少しでも相続税を減らしたい方は以下より、相続税の節税方法をご確認ください。

節税対策は上手な土地評価から

将来の相続税節税に向けた
相続専門税理士による節税対策支援

相続税の節税をしたい方はこちらから→

tax-saving

 

相続税の納付をご自身で行いたい方はご注意が必要です。

どのようなご注意が必要か、また、ワンストップで全てお任せいただけるサービスの詳細は以下よりご確認ください。

相続税が0円であっても安心できません

「相続税が0円だから、私は申告しなくて大丈夫」と思っている方、ご注意ください。

当事務所に相談に来られる方で、後から財産がでてきたというケースもございます。

詳しくはこちらから>>

 

相続税について、税務署にご相談に行こうとお考えの方、既に税務署にご相談してきた方は以下をご確認ください。

税務署に行く際の事前の準備、事後にすべきことをご説明します。

◆これから税務署に相談する方

○ 相続税の対象になる可能性がある方とは?

○ 相談に行く前に準備する事とは?

○ 税務署に相談された方からのよくある質問

税務署から手紙が届いた人はご相談ください!

驚き

税務署からいきなり
相続税のお知らせ
届いたけどどうしよう・・・」

税務署からお知らせが届いた方は一度、
ご相談ください!

無料相談会実施中!まずは専門家に相談を!

詳しくはこちら▷

PAGE TOP