保険

誰がどのくらい?

保険金の課税価格は、相続人それぞれの非課税金額を計算する必要があります。その非課税金額を各人の保険金額から控除し算出します。

ただし、保険金取得者のうち非課税金額を控除できるのは相続院だけです。なので、多額の保険金をもらったからといって相続人ではない人の保険金は全額が課税価格になります。

各相続人が控除できる非課税金額の計算方法は下記の通りです。

非課税限度額 × その相続人が
取得した保険金額
全ての相続人が
取得した保険金の総額
= その相続人の非課税金額

※非課税限度額=500万円×法定相続人の数

PAGE TOP