お知らせ

あなたの相続、大丈夫? 実は知らないと損をする「相続リテラシー」の落とし穴

「相続? まだまだ先の話でしょ?」「うちは財産なんてないから関係ないよ」 そう思っていませんか? 確かに、相続は誰にでも起こることですが、普段の生活で意識することは少ないかもしれません。しかし実際には、相続は私達の想像以上に複雑で、早めの準備が非常に重要になります。「うちは大丈夫」と思いがちなご家庭こそ、実は落とし穴にハマっている可能性があるのです。 円滑な相続のために。まず「相続リテラシー」
続きを読む >>

愛知県民必見!路線価上昇で相続税リスクが高まっている?

愛知県にお住まいの皆様、今年の路線価も3年連続で上昇したことをご存知ですか? 今年の路線価公表 愛知3年連続、三重32年ぶり上昇(中京テレビNEWS) - Yahoo!ニュース 路線価とは、道路に面する土地1㎡あたりの価格のことで、相続税や贈与税を計算する際の基準となります。 路線価が上がると、所有する土地の評価額も上がり、結果として相続税が増えてしまう可能性があります。つい数年前まで基礎控
続きを読む >>

国庫帰属、本当に最後の手段?あなたの土地に眠る「意外な価値」を見つける方法

令和6年5月20日発表 相続土地国庫帰属制度の統計 「負の遺産」… 最近、よく耳にする言葉ですが、あなたもそう感じていませんか? 特に、地方で相続した土地。 「誰も引き取り手がいない…」と途方に暮れている方もいるかもしれません。 そんな中、注目されてきたのが「相続土地国庫帰属制度」です。 国に土地を引き取ってもらえるという、一見するとありがたい制度のように思えます。 2024年5月2
続きを読む >>

36.7%が経験する相続の後悔…終活における家族間のコミュニケーションの大切さ

相続問題の重要性と家族間のコミュニケーション不足   近年、日本では超高齢化社会の進展に伴い、「相続」に関する問題がますます重要性を増しています。 当事務所のブログでも取り上げているように、中でも特に深刻化しているのが終活における家族間のコミュニケーション不足です。 【関連ブログ】 相続の「かかりつけの税理士」を目指して   調査結果から見る相続問題の現状 &n
続きを読む >>

一人暮らしの高齢者も安心!名古屋市「あんしんエンディングサポート事業」のご紹介

  近年、日本では少子高齢化や未婚率の上昇により、相続人のいないまま亡くなる方が増えています。その結果、国庫に納められる相続財産も増加しており、2022年度には過去最高の768億円に達しました。   このような状況を受け、名古屋市では「あんしんエンディングサポート事業」を提供しています。この事業は、一人暮らしの高齢者が安心して最期まで過ごせるよう、生前の見守りや安否確
続きを読む >>

相続についての難解な用語をサクッと解説

  相続に関わる話題は、複雑で理解しにくい用語が多く出現します。 以前、好評をいただいた【相続税】専門税理士が難解な言葉を分かりやすく説明するの新バージョンを準備していたところ、つい先日(2024年3月22日)に政府広報オンラインから『知っておきたい相続の基本。大切な財産をスムーズに引き継ぐには?【基礎編】』というページが公開されました。 このページでは内容が非常にわかりや
続きを読む >>

相続の「かかりつけの税理士」を目指して

はじめに 前回の記事では、税収全体に占める相続税・遺産税・贈与税の割合をG7各国と比較して解説しました。 【関連記事】 日本の相続税の特徴と国際比較 今回は、相続税の税率が日本と同程度のフランスの相続事情と比較しながら、日本の相続における課題と解決策を探っていきます。 フランスの相続事情:公証人制度の利点 フランスでは、相続手続き全般を公証人が一手に担い、これが相続プロセスのスムーズな
続きを読む >>

日本の相続税の特徴と国際比較

2018-19年の税収全体に占める相続税・遺産税・贈与税の割合をG7各国とOECD加盟国の平均と比較した表※1 日本の相続税の特徴 日本における相続税の特徴は、その比率の高さにあります。G7諸国の中で日本の相続税比率は1.33%と、フランスに次いで高い位置にあります。これはOECD(経済協力開発機構)加盟国の平均0.36%と比較しても、かなり高い水準です。この事実から、日本における相続
続きを読む >>

所有者不明土地問題の解決に向けた改正登記制度の概要と影響

はじめに 日本には、所有者が不明な土地、いわゆる「所有者不明土地」が増加しており、その面積は、九州よりも広く、国土の約22%(※1)に上ります。 所有者不明土地は、主に相続登記がされずに放置された土地が原因で発生します。相続登記とは、不動産の所有権が誰に移ったのかを公的に示すための手続きです。相続登記がされていないと、土地の所有権が誰にあるのかが不明になり、さまざまな問題を引き起こします。
続きを読む >>

相続手続きの複雑さ・大変さを克明に描いたNHKの相続手続き体験談のご紹介

相続は、多くの方にとって大変なものです。NHKの名古屋放送局の山本恵子解説委員は、父の死後の相続手続きを自分で行った体験を共有しています。彼女は、このプロセスを「相続手続きの沼」と形容し、その複雑さをリアルに伝えています。 この記事が注目される理由は、その詳細な記述と共感を呼ぶ内容にあります。相続手続きは誰にでも起こり得るもので、その大変さは多くの人に関心を持たれています。しかし、一般の方々
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
PAGE TOP